草加市 債務整理 弁護士 司法書士

草加市に住んでいる方が借金返済の悩み相談をするならここ!

借金が返せない

草加市で債務・借金の悩みを相談する場合、どこがいいのか迷っているのでは?
せっかく相談するのであれば、優秀な弁護士・司法書士のいる法律事務所や法務事務所を選びたいですよね。
当サイトでは、ネットで無料相談出来る、おすすめの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
草加市の方もOKですし、相談は無料なので安心です。
直接相談をいきなりするのはちょっと気後れする、という方にもオススメです。
お金・借金返済で困っているなら、まず司法書士・弁護士に相談して、解決策を探しましょう!

債務整理・借金の相談を草加市の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

草加市の借金返済・多重債務問題の相談なら、こちらの事務所がお勧めです。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払いは、分割払いも可能。
相談料ももちろん無料!
借金の取り立てをストップすることもできます。
自己破産、個人再生、任意整理、過払い金、など、債務や借金の悩みについて無料で相談することができます。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(電話料金無料)で相談受付することができるので、お金に悩んでいる方も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、借金や過払いの悩みを相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに適したやり方で多重債務・借金の問題を解決していきます。
また、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から費用を支払えます。
任意整理も、減額報酬・和解成功報酬などを一切取らないため、お得に解決できます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口もあるので、女性でも安心です。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

草加市の人が債務整理や借金の相談をするならまず、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットを使った診断ツール。
簡単な3つの質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、毎月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し怖い。
そんな方にピッタリです。
しかも無料で、匿名で利用できます☆
全国に対応のサービスなので、草加市在住の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料&匿名で使える!
  • 全国対応!
債務・借金の悩み、匿名&無料で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



草加市周辺の他の法律事務所・法務事務所紹介

草加市には他にもいくつかの法務事務所・法律事務所があります。参考にしてください。


●辻本力司法書士事務所
埼玉県草加市氷川町2161-6
048-925-2471

●田中法律事務所
埼玉県草加市高砂1丁目7-7
048-929-0468
http://tanaka.mylawyer.jp

●獨協地域と子ども法律事務所
埼玉県草加市松原1丁目1-10
048-946-1730
http://dokkyo.ac.jp

●司法書士・野口潤事務所
埼玉県草加市高砂2丁目18-3 鈴木ビル 4F
048-969-4581

●松本容子司法書士事務所
埼玉県草加市谷塚町1363-1
048-924-7942

●荻原宏道司法書士事務所
埼玉県草加市旭町1丁目1-8 風間ビル 2F
048-931-6185

●喜多司法書士事務所
埼玉県草加市八幡町809-1 秋元マンション 1F
048-936-0707

●関昌央法律事務所
埼玉県草加市谷塚町615
048-924-0393

●山嵜秀美司法書士事務所
埼玉県草加市氷川町2174-5
048-922-9550

●のぞむと司法書士事務所
埼玉県草加市松原5丁目5-8
048-940-5639

●大久保事務所
埼玉県草加市高砂1丁目7-7
048-924-2651
http://legallink.jp

●篠崎・金井法律事務所
埼玉県草加市住吉1丁目5-24 佐藤ビル 3F
048-928-7401

●山本達夫法律事務所
埼玉県草加市 2-11-7
048-948-8822
http://t-yamamoto-law.com

●さいたま草加法律事務所
埼玉県草加市氷川町2149-4 エビデンス 5F
048-927-3930

●戸澤司法書士事務所
埼玉県草加市谷塚町647-11
048-921-8530
http://office-tozawa.la.coocan.jp

●竹村圭司司法書士事務所
埼玉県草加市中央2丁目2-3
048-920-5415
http://takemura-office.com

草加市にある地元の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談の方が、気後れせずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

多重債務に草加市で弱っている場合

クレジットカードの分割払いやキャッシング業者等は、かなり高額な金利が付きます。
15%〜20%も金利を払わなければなりません。
住宅ローンの場合だと0.6%〜4%(年)ぐらい、マイカーローンの場合も1.2%〜5%(年)ほどなので、すごい差があります。
さらに、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定するようなキャッシング業者の場合、なんと利子0.29などの高利な金利を取っている場合もあるのです。
ものすごく高利な金利を払い、そして借金は膨らむばかり。
借金を増やしたのは自分の責任なので仕方ありませんが、高い利子で額も大きいという状況では、なかなか返済の目処が立ちません。
どのようにして返せばいいか、もうなんの当てもないなら、法律事務所・法務事務所に相談してみてはいかがでしょう。
弁護士や司法書士なら、借金を返す解決策を考え出してくれるでしょう。
長期の返済計画になるかもしれませんし、過払い金を請求して返済金額が減額するかもしれません。
まずは相談、解決するにはこれが始めの一歩です。

草加市/債務整理のデメリットはどんなものか|債務整理

債務整理にも多くの手口があって、任意で闇金業者と交渉をする任意整理と、裁判所を介す法的整理である個人再生又は自己破産などのジャンルがあります。
それでは、これらの手続きにつき債務整理デメリットというようなものがあるでしょうか。
これ等の3つの進め方に共通している債務整理のデメリットというのは、信用情報にそれ等の手続きを行ったことが載ることですね。いわゆるブラック・リストという状況になります。
そしたら、おおむね5年〜7年位の間は、ローンカードが作れなくなったりまた借金ができなくなります。しかしながら、貴方は支払額に日々悩み苦しみこの手続きを行う訳ですので、しばらくは借入しないほうが良いのじゃないでしょうか。じゃカードに依存している方は、逆に言えば借入ができなくなる事によってできない状態になることにより救われると思われます。
次に個人再生または自己破産の債務整理のデメリットですが、官報にこれ等の手続をやった旨が載ってしまうという点が挙げられます。けれども、あなたは官報などご覧になったことが有るでしょうか。むしろ、「官報ってなに?」といった人の方が複数いるのじゃないでしょうか。
実は、官報は国が作成する新聞のような物ですが、ローン会社などの僅かな人しか見ません。ですので、「破産の実態が近所の人に知れ渡った」等といったことはまずもってありません。
終わりに、破産独特の債務整理のデメリットですが、1辺自己破産すると7年という長い間、再び自己破産は出来ません。これは十分留意して、2度と自己破産しない様に心がけましょう。

草加市|自己破産のリスクって?/債務整理

はっきし言えば世間一般で言われるほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。土地、高価な車、マイホーム等高価なものは処分されますが、生活する中で必ず要る物は処分されないです。
また二〇万円以下の蓄えは持っていても問題ないです。それと当面数箇月分の生活するために必要な費用百万円未満なら没収されることはないです。
官報に破産者のリストとして載りますがこれもごく僅かな方しか見てないでしょう。
また俗にいうブラック・リストに載り7年間程度の間ローンやキャッシングが使用キャッシング、ローンが使用できない情況となるのですが、これは仕方無い事なのです。
あと決められた職種に就職できなくなる事があるでしょう。しかしながらこれもごく一定の限られた範囲の職種なのです。
ですから債務超過で返す事の出来ない借金を抱えこんでいるなら自己破産を実施するのも1つの方法でしょう。自己破産を行ったならば今までの借金が全て帳消しになり、新たに人生をスタート出来るという事で利点の方がより多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士、司法書士、弁護士、税理士等の資格はなくなります。私法上の資格制限とし保証人・後見人・遺言執行者にもなれないのです。また会社の取締役等にもなれません。けれどこれらのリスクは余り関係ない時が多いのではないでしょうか。リスクは余り大きな物ではない筈です。

関連するページの紹介